英語を発音することに気をつける

英語は喋ることを意識していかなければ上手く使いこなすことができなくなる代物である。

特に英語を勉強する上で、英語を喋ることができなければ勉強をする意味は殆ど皆無に等しいだろう。

なぜ日本人が英語で悩むことが多いのかも殆どが発音がしっかりできていない原因が考えられるのである。

英語が発音できないのは英語ができないことに直結をしてしまうからだ。

できる人の共通点は英語の発音を理解していることが見受けられる。

逆に言えば英語は発音をしっかりできるようになり英語の基礎さえ抑えることができれば誰でも使いこなせることができるようになるのだ。

単語を重視に勉強をしてしまうことが多い英語だが、膨大な量の単語を一つ一つ記憶していくことよりも英会話をすることで慣れてしまうほうがよっぽど簡単に英語を上達させることができるようになるだろう。

日常会話で必要な英単語は約1500語あれば支障はでないとも言われている。

自分がどのレベルを目安に学習をしていくことかにもよるかも知れないが、高望みをするわけではないのであれば、英会話を重点的にすることによる英語力を上げる方法を考えることが重要だ。

習うより慣れるほうが英語はとても勉強をしやすいだろう。

自分達が日本語を覚えたときのように英語を覚えることができればいいのだ。

やり方をしっかりと見据えた上でこれからの英語の勉強方法を見直しながら発音を大切にしていくのである。