少しでも勉強時間を作る

忙しいから勉強がすることができないとか用事があるからできないという考え方はただの惰性である。

本気で成し遂げたいと思うのならば本気で挑むべきである。

そこで気をつけたいのが勉強時間をいかに作ることができるのかということにも着目をして欲しい。

前回にも同じようなないように触れたと思うが、勉強時間を毎日作ることができなければ勉強をすることができなくなってしまう。

勉強時間の確保というものが必要だ。

仕事が忙しく、家事が忙しく、勉強が忙しく、時間を取ることが出来ないかもしれない。

でも勉強をしなければまた後でいいとなってしまう。

そうなってしまっては前に進むことさえできなくなってしまう。

だけど勉強をする時間は見つけることができるはずだ。

例えば通勤時間などのすき間時間などは有効に活用をすることができるだろう。

会社のお昼休憩などにも少し勉強をすることができる。

経った10分でも勉強時間と言える。

この貴重な時間を如何に活用が出来るかどうかを考えて欲しいのだ。

それが例え人よりも多くの時間を掛かってしまっても後悔をすることはないだろう。