TOEIC攻略の鍵は時間

TOEICの資格試験にはもちろん制限時間がある。

リスニングセクションとリーディングセクションを合わせた2時間が制限時間である。

2時間と聞くとかなり長いのではと思う方がいるかもしれないが、その2時間であっても最後までしっかりと文章を読んで把握し、問題を最後まで解けれる人と言うのはごく一部しかいないだろう。

この限られた時間内にすべてのセクションに答えなければいけないと言うことは時間制限があるゲームみたいなものである。

TOEICの問題形式はマークシートの4択問題である。

つまり適当でも運がよければ正解をすることもあるということである。

分からないと思った問題はどんどんと飛ばしわかる問題を解くことがTOEICにおいて重要である。

もちろん分かることに越したことはないが、悩んでいる今というものはほとんどないと思ってもらっても構わない。

特に最後の問題のパート7の長文読解でタイムオーバーになる人は少なくない。

パート7に使う時間を如何に前のセクションを早くクリアすることで確保できるかどうかがTOEICを攻略する鍵なのである。

問題自体は基礎問題が多いので基礎をしっかりと学んでおくことができればそれほど苦労をすることはないと思うだろう。

そしてしっかりとアナウンスを聞き取る力という物も備わっていないと厳しい部分があるのでひたすら練習をするしか他にならない。

これができればしっかりとした点数を期待することができるであろう。